カテゴリー別アーカイブ: お仏壇のいろは

Q&A(よくあるご質問)

神棚とお仏壇と隣りに並べて置いてもいいのでしょうか? お仏壇と神棚を並べておくことは問題ありません。 向かいあわせに置くと、礼拝するときにどちらかにおしりを向けてしまうので、避けた方がいいでしょう。 お仏壇の置き場所や方角に決まりはありますか? お仏壇はお部屋のどこにおいて大丈夫です。 阿弥陀様の浄土が西にあるので、西に向かって拝む場合が多いですが、決まりはありません。 仏壇の中に生前の写真を入れて良いのでしょうか? 一般にお仏壇にはご本尊、仏具セット、お位牌を飾ります。(ただし浄土真宗の場合はお位牌を使いません。)写真(遺影)はお仏壇の中には飾らないのが一般的です。 しかし、最近は伝統的な形式にとらわれず、自由にお祀りする方も増えていますので、生前のお写真をお飾りされている方もいらっしゃいます。 家にお仏壇を2つ置くことは問題はありませんか? お仏壇を二つ置く場合に、一般的には並べて置いてもかまいません。ただ、違う宗派の場合にはお坊さんに来て頂いてお経を唱えてもらう際に、お坊さんがよく思われないことがあるので、できれば別のお部屋にお祀りするほうがよいと思います。 また、お仏壇を2つ置くことが家のスペース的にむずかしい場合は、どちらかの家の宗教に改宗されたり、一方のお仏壇に位牌を間借りして置いたりと、お仏壇を一つにまとめる場合もあります。 位牌の置き方に決まりはありますか? お位牌の置き方にはいくつか習慣があります。一例としては、中央に一段上になるように阿弥陀様を置き、その前に先祖代々のお位牌を置きます。 先祖代々のお位牌の向かって右隣に個人お位牌の一番古いものを、2番目に古いものを向かって左隣に置いていきます。 そのように、先祖代々のお位牌を中心に外側に向かって交互にお並べします。 引越しの際、魂抜き、魂入れをしてもらう必要はありますか? 引越しは仏事ではありませんので、魂抜き・魂入れをしてもらう必要はありません。 しかし、もし仏様に対して失礼がないかとご心配ならば、引越前に「魂抜き」の儀式を行い、引越後に「魂入れ」の儀式をしてもらうのもよいでしょう。 (地域・宗派によって差異がありますので、菩提寺様にお尋ねください。) お仏壇にはどのような花を活ければよいですか? お仏壇に活ける花については、生花でも造花でも構いません。生花は傷みがはやく手入れが大変なので、造花を使われる方もたくさんおられます。 また、仏花のかわりに「樒(しきみ)」や「高野槙」などといった植物を飾ることもあります。ただ、棘や毒のあるバラや彼岸花、夾竹桃など、仏壇に供えるのにふさわしくないと考えられている花はあります。 お仏壇は長男が継承しなくてはならないのでしょうか? 日本の伝統的な習慣では、長男が仏壇(位牌)を継承し、先祖をお祀りするケースが多かったのですが、世襲制度がなくなった今日は、必ずしも長男が継がなければならないということはありません。法律上は誰がお仏壇を継承しても構いません。

年回表/逆算年数表

令和 二年度 年回表 年忌 寂年号 一周忌 平成三十一年・令和元年 三回忌 平成三十年 七回忌 平成二十六年 十三回忌 平成二十年 十七回忌 平成十六年 二十三回忌 平成十年 二十五回忌 平成八年 二十七回忌 平成六年 三十三回忌 昭和六十三年 三十七回忌 昭和五十九年 四十三回忌 昭和五十三年 四十七回忌 昭和四十九年 五十回忌 昭和四十六年 七十回忌 昭和二十六年 百回忌 大正十年 百五十回忌 明治四年 二百回忌 文政四年 三百回忌 享保六年 西暦・元号・逆算年数表 令和 二年度 … 続きを読む

お仏壇仏具の掃除

お掃除の時期 1年のうちで大掛かりなお掃除をする時期は、お正月、お盆、春と秋のお彼岸前の合計4回を目安として下さい。最低でも2回は行って下さい。普段ホコリや汚れが目立つ時、仏壇専用毛ばたき(以下毛ばたき)や布でその部分だけを掃除して下さい。 お掃除道具 毛ばたき、布、艶だし液、白手袋 毛ばたきの毛の落ちるもの、芯の出ているものは、仏壇・仏具に傷をつけるので、ご注意下さい。 手順 白手袋を両手にはめ、三方開きの仏壇は開け、すべての仏具等を仏壇から取り出します。元通りに戻す自信のない方は、あらかじめ写真を写すか、仏具の配置をメモして下さい。 何年もお掃除をしておらず、塗りの部分(金箔・金粉部分はダメ)で汚れがひどくホコリがこびりついたり、積もったりしている場合は、布をお湯に浸し、それを充分絞ったもので拭き取って下さい。その後、すぐに水分を乾いた布で拭き取って下さい。汚れがひどくない場合は必要ありません。 上部から毛ばたきで隅々まで丁寧にホコリをはたきます。扉、彫刻、屋根等の金箔・金粉部分でホコリや汚れが目立つ所は、はたいて頂いて結構ですが、金箔のはげや破損に注意して行って下さい。はたいてもホコリや汚れが取れない場合でも、布でこすったりしないでそのままにして下さい。どうしても気になるようでしたら、当店にご相談ください。 塗りの部分は毛ばたきで、はたいたあと乾いた布で丁寧に拭いて下さい。乾いた布だけで取れにくい場合は、艶出し液を布に少量つけ、伸ばすように拭いて下さい。特にロウソクや線香の油煙が付き易い上部や手の油が付き易い扉、障子のふち等は艶出し液を付けないと取れない場合があります。 仏具も仏壇同様に、木製仏具の塗りの部分(金箔・金粉部分はダメ)や三具足・五具足・輪灯等の金属仏具で汚れがひどくホコリがこびりついたり、積もったりしている場合は、布をお湯に浸し、それを充分絞ったもので拭き取って下さい。その後、すぐに水分を乾いた布で拭き取って下さい。瓔珞は取れる可能性がありますので、いくら汚れていても、毛ばたきでやさしくはたくだけにして下さい。汚れがひどくない場合必要ありません。 金属仏具で色付け(黒っぽい色)や金メッキ・セラミック加工を施してある三具足・五具足・輪灯等は乾いた布で丁寧に拭いて下さい。表面の加工が剥がれる可能性があるので、艶だし液や真鍮磨きで磨かないようご注意を。色付け(黒っぽい色)や金メッキ・セラミック加工を施していない三具足・五具足・輪灯等は真鍮磨き等で磨いても大丈夫です。 きれいになったお仏壇に仏具を元あった場所に戻します。三方開きは閉めます。三方の栓をお忘れなく。これで、お掃除完了です。 もし、万が一金粉・金箔がはげたり、塗りにキズがついたりした場合は当店へご相談下さい。責任を持って修理させて頂きます。なお、当店では、プロの掃除を行っておりますのでご利用下さい。 木製仏具の場合 上部から毛ばたきで隅々まで丁寧にホコリをはたきます。扉、彫刻、屋根等の金箔・金粉部分でホコリや汚れが目立つ所は、はたいて頂いて結構ですが、金箔のはげや破損に注意して行って下さい。はたいてもホコリや汚れが取れない場合でも、布でこすったりしないでそのままにして下さい。どうしても気になるようでしたら、当店にご相談ください。 塗りの部分は毛ばたきで、はたいたあと乾いた布で丁寧に拭いて下さい。乾いた布だけで取れにくい場合は、艶出し液を布に少量つけ、伸ばすように拭いて下さい。特にロウソクや線香の油煙が付き易い上部や手の油が付き易い扉、障子のふち等は艶出し液を付けないと取れない場合があります。

お仏壇選びのポイント

リビングに置くのか、畳のお部屋や茶の間に置くのか。リビングボードやチェストの上に置くのか。置き場所によってお仏壇の選択基準が大きく違ってきます。 最近は、リビングルームや茶の間に置かれる事が多い様ですが、故人と身近にいたいと言う願いから、おばあちゃん・おじいちゃんのお部屋や、ご自分のお部屋に余り大きくないお仏壇を置かれることもあります。 座るのは苦手というご年配の方も多いと思いますが、新しい形のモダンなお仏壇は、下台の部分が高いので座高が高くなり、イスやスツールに腰掛けて楽にお参りできます。 カーぺットなどを敷いたお部屋に置かれるご家庭も多くなっております。 あまり広くないお部屋に置かれる場合は、背の高いお仏壇だと圧迫感を感じます。 和室に置かれる場合は、座ってお参りすることが多いと思いますが、お仏壇の下台部分が低い伝統的なお仏壇は、座高が低くて座ってお参りしやすく、和室にもよく調和します。 フローリングのお部屋や和室の場合でも、置かれている家具や、壁面の色調や素材、インテリアとの相性にもご注意していただくと良いと思います。 お仏壇は、家族の大切な思い出につつまれて語れる、暮らしのなかの祈りの空間です。 これからずっと永く身近に置くものですので、お部屋との調和は大事な点です。

お仏壇購入の前に

仏壇購入の時期 お客様から「いつ仏壇を買ったらいいのでしょうか」と質問を受けることがあります。最近は身近な人が亡くなってから購入する方が増えていますが、仏壇を購入する時期は人それぞれに違っていいのです。 亡くなった人がいないのに、仏壇を購入すると不幸が起こるとか、閏年に仏壇を購入してはいけない、と昔は言われたようですが、まったく根拠のない迷信です。 身近な人が亡くなったあと、購入する方は四十九日法要までに仏壇を購入するとよいでしょう。間に合わない、じっくりと良い仏壇を選びたいと考えるならば、一周忌までに購入することをおすすめします。 お盆、お彼岸、年回忌を機に購入する人もいます。家を新築するときに仏壇購入を考える人もいます。仏壇を購入するのに、良い時期、悪い時期はありません。思い立ったときが購入時期といえます。 仏壇の購入予算 仏壇購入は高価な買い物です。 あまり急いで買わずに、何軒か仏壇店を見てまわり、値段を調べてから予算を立てるとよいでしょう。 仏壇を購入するとき、仏壇だけではなく、本尊や花立、香炉などの仏具も必要になります。それも含めて、予算を立てましょう。 仏壇の価格は高いものから安価なものまで幅広いものです。人気のある価格帯は仏壇と仏具を合わせて50万円くらい、高価な仏壇は100万円を超えます。高価な仏壇が良い仏壇ではなく、家にあった仏壇、気に入った仏壇が一番良い仏壇といえるでしょう。 仏壇は何度も買い替えるものではなく、一生に一度の買い物です。良いものであれば、何世代にもわたって家族に引き継がれていきます。価格にとらわれるよりも、気に入った仏壇を選んだほうがよいので、少なくとも3軒くらいの仏壇店に足を運びましょう。 仏壇の置き方 仏壇を購入する前に、仏壇を安置する場所を決めましょう。かつては、たいていの家に仏間があったので、安置する場所を考える必要はありませんでした。しかし、仏間のない家がほとんどとなりました。最近では和室のない家が多くなったので、仏壇を置く場所を考えなければならなくなったのです。 仏壇を安置する向きは、仏教では十方どの方角にも仏はいるとされているので、方角に吉凶はありません。が、一般的には北向きは避けて置きます。 家のなかで、落ち着いて礼拝でき、家族が毎日おまいりしやすい場所が一番適しています。座敷があれば、座敷が最適ですが、家族が集まりやすい居間でもよいでしょう。 仏壇のことを考えますと、直射日光が当たらない、湿気の少ないところで、冷暖房の風が直接あたらない場所がよいでしょう。直射日光や湿気、冷暖房の風は仏壇を傷めるのです。 床の間や押入れの上部、整理タンスの上、居間のサイドボードなどの上に置いてもかまいません。テレビやオーディオラックの上など、音がするものの上には置かないようにしましょう。また、仏壇の上に何も置かないようにしましょう。 もうひとつ、気をつけることは、仏壇の高さです。座っておまいりするとき、本尊の位置が目より少し上になるように安置することです。立っておまいりするときは、本尊が胸よりも少し上くらいの位置になるように安置します。 仏壇の向き 仏は十方どの方角にもいるので、仏壇はどの方角に安置してもよいのですが、昔から仏壇の向きには諸説あります。 南面北座説 仏壇を南に向け、北を背にして仏壇を安置する考え方です。この向きは仏壇に直射日光があたらず、風通しもよいので、家のなかで最適な仏壇の安置場所になります。ここから、仏壇の北向きはよくない、と言われるようになったようです。 本山中心説 仏壇の前に座って礼拝するとき、拝む延長線上に宗派の総本山がある方向に安置します。本山によって、住む場所によって、西向きにも東向きにも南向きにもなります。 西方浄土説 西方浄土とは極楽浄土のことで、西方浄土の方向にある西に向かって拝めるように、仏壇を東向きに安置します。 どの説をとるかで、仏壇を安置する方向が決まりますが、どの方向にもなりうるので、仏壇はどの方向に安置してもかまわないのです。 仏壇の位置寸法 仏壇の安置場所を決めたら、どのくらいの大きさの仏壇にするかを決めます。 まず、安置する場所の寸法をはかりましょう。高さ、幅、奥行きなどをきちんとはかります。サイドボードや整理タンスの上ならば、問題はありませんが、仏間や押入れの上部に安置するときは、気をつけてください。仏壇の扉は観音開きで両側に開きますので、本体の寸法だけではなく、扉が左右に開くスペースも考えて、仏壇の大きさを考えましょう。 家の新築にあわせて仏壇を購入するときは、先に仏壇を決めてから、仏壇の大きさに合った仏間やスペースをつくったほうが納まりがよいです。 忘れがちなのが、マンションの玄関や部屋の入り口の大きさです。部屋に適した大きな仏壇を選んだものの、部屋の入り口が狭くて入らなかった、ということにならないように、玄関や部屋の入り口の寸法もきちんとはかっておきましょう。